HOME 大塚総医研 ヘッダーイメージ
ご挨拶事業内容ニュースアラカルトQ&A採用情報事業所案内


Q&A Q&A
HOME


資金繰りコンテンツ > 資金調達
Q:質問

当社でも、昨今、銀行による貸し渋りの影響を受けつつありますが、バブル崩壊後、なぜ貸し渋りが起きるようになってしまったのでしょうか。


A:返答

金融機関による貸し渋りは社会問題化して久しいです。 この貸し渋りの理由は、国際決済銀行(BIS)によるによる規制、いわゆるBIS規制の導入によります。

国際業務を行う金融機関では自己資本比率が8%以上、国内のみで業務を行う金融機関では同4%以上という制限が生まれました。 不良債権の償却で利益を確保できず、自己資本の増加が結果的に期待できず、総資本(総資産)を減少させて、基準をクリアするしか方法がないわけです。この結果、貸出金を引き上げたり、融資を渋ったりしているわけです。

我が国の都銀では、資金の1/3を海外から調達しています。しかし、海外の金融機関や投資家は、日本の金融機関の経営内容や経営姿勢について不安視しているケースが多く、資金調達できても金利を高く設定したり(ジャパンプレミアム)、調達額に制限を設け、リスクヘッジを行っています。そのため、特に都銀では貸し出したくとも貸せない状況が続いています。

都銀から融資を受けられないとすれば、企業としては、資金の不足を地銀やその他の金融機関に求め、殺到することになります。自ずとこれらの金融機関についても貸し出しに制約がついて回ることになるのです。


HOMEPAGETOP

関連リンクお問い合わせ
(c)copyright 2004.Medical Reseach Institute,Inc. & General Accouting Office All right reserved.