HOME 大塚総医研 ヘッダーイメージ
ご挨拶事業内容ニュースアラカルトQ&A採用情報事業所案内


Q&A Q&A
HOME


経営戦略コンテンツ > CS(顧客満足)
Q:質問

CSを推進すると取引先にどのようなメリットがあるのでしょうか?


A:返答

取引先のメリットは3つあります。

(1) 安定した取引ができる
例えば、メーカーや卸業者にとっては、自社の商品やサービスの納入先として安定した取引ができます。お客様満足が企業姿勢なのですから、良好な関係を築くことができます。信頼関係もより深まり、競合他社に比べて有利な条件で取り引きできるようになるでしょう。また取引先は御社のことを手放せなくなるでしょう。両者にとってメリットは大きなものとなります。

(2) 「的確な情報が収集できる
良好な取引関係が形成されると、メーカーや卸業者は「いま何がお客様に求められているのか」「第一線で何が起きているのか」「今後の消費者動向はいかなるものか」といった生の情報が直ぐに、しかも的確に入ってきます。
情報化社会の現在、インターネットの出現と爆発的な普及によって、尚一層加速化しています。しかし、情報はたくさんあっても、本当に欲しい情報、的確で信頼できる情報を得るのはそう簡単なことではありません。生きた旬の情報とは、お客様との接点である第一線の情報です。そしてその情報が商品開発や流通システムに生かされ、最終消費者の満足をも呼び込むわけです。

(3) 効率の良い生産・物流・マーケティング戦略の構築が可能
前述の(2)のように生きた旬の情報が生産・物流・マーケティング戦略に生かされます。外部環境の状況や今後の変化についても他社より先を読み、手を打つことが可能となるのです。


HOMEPAGETOP

関連リンクお問い合わせ
(c)copyright 2004.Medical Reseach Institute,Inc. & General Accouting Office All right reserved.