HOME 大塚総医研 ヘッダーイメージ
ご挨拶事業内容ニュースアラカルトQ&A採用情報事業所案内


Q&A Q&A
HOME


税務戦略コンテンツ > 消 課税判定
Q:質問

当社は、一定の買物額に応じてスタンプカードにスタンプを押していき、カードが一杯になると500円相当の商品を交換することにしています。この場合の課税関係について教えてください。


A:返答

消費税法においては、課税の対象を事業として対価を得て行われる資産の譲渡及び貸付け並びに役務の提供、としています。 今回の場合、スタンプを押すときですがこの時点では資産の譲渡や役務の提供はないので課税関係は生じません。

また、スタンプと商品を交換する場合においても無償による資産の譲渡ということとなり消費税の課税の対象外の取引となります。

従いましてご質問の場合、いずれの場合においても消費税の計算には関係無いこととなります。


HOMEPAGETOP

関連リンクお問い合わせ
(c)copyright 2004.Medical Reseach Institute,Inc. & General Accouting Office All right reserved.