HOME 大塚総医研 ヘッダーイメージ
ご挨拶事業内容ニュースアラカルトQ&A採用情報事業所案内


Q&A Q&A
HOME


税務戦略コンテンツ > 消 課税判定
Q:質問

当社は、現在所有している車両を下取りに出し、新しい車両を購入しました。
その時の仕訳は次のとおりです。
借方  車両   600万円
           売却損 100万円
貸方  現金  450万円
           車両  250万円

この場合の、消費税の取扱いについて教えてください。



A:返答

ご質問のような場合、まず、簿価250万円の車両を150万円で売却したことにより100万円の売却損が発生したと考えます。従いまして、150万円が課税売上高となります。また、現金は450万円しか支払っていませんが150万円の下取りがあるので合計で600万円が課税仕入となります。

上記の場合において、仮に、課税売上と課税仕入を相殺して課税仕入を450万円としますと、損益的には問題ありませんが、基準期間の課税売上高や課税売上割合の計算をする際に不都合が生じてしまいますので、課税仕入高600万円、課税売上高150万円とされます。


HOMEPAGETOP

関連リンクお問い合わせ
(c)copyright 2004.Medical Reseach Institute,Inc. & General Accouting Office All right reserved.