HOME 大塚総医研 ヘッダーイメージ
ご挨拶事業内容ニュースアラカルトQ&A採用情報事業所案内


Q&A Q&A
HOME


税務戦略コンテンツ > 消 課税判定
Q:質問

当社はこの度、テナントビルを購入しました。その際に、未経過の固定資産税も当社が負担することとなりました。この場合の未経過固定資産税は課税仕入に該当しないのでしょうか。


A:返答

固定資産税は、毎年1月1日現在の所有者が支払うこととなっています。従いまして年の中途において固定資産を譲渡した場合であってもその年分の固定資産税の納税義務者はあくまでも1月1日における所有者となります。

固定資産の売買があった場合、未経過分の固定資産税を購入者が負担するケースが多く見られます。しかし、これはあくまでも売り手と買い手の契約におけるものであり税金の支払とは何の関係もないところの話となります。

従いましてご質問のように未経過固定資産税を支払ったとしてもそれは購入対価の一部に過ぎないと考えられますので、未経過固定資産税を含めた金額が仕入税額控除の対象となります。


HOMEPAGETOP

関連リンクお問い合わせ
(c)copyright 2004.Medical Reseach Institute,Inc. & General Accouting Office All right reserved.